闘病記

旅立ち ありがとう

P1030957_R

2014年2月13日(木) 朝9:30頃 母は旅立ちました。

旅立つ30分前、今まで閉じていた目がはっきり開き、何かをしゃべろうとしていましたが

声にならなかったです。唯一聞こえたのが、「あ…」

おそらく、ありがとう!と言いたかったのだろうと思います。

闘病生活10か月、母はよく頑張りました。昨夜から泊まり込みをしていたので、母の最期を看取ることができました。

※落ち着きましたら、まだ載せていないデータ等を整理し掲載させていただきます。

胆管がんで闘病生活をしている、ご家族の方に少しでもこの情報がお役になれば幸いです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今日から酸素吸入を鼻から開始しました。寝ることが多くなったためです。
  2. 内視鏡的ドレナージ処置翌日、大きな体調変化はないものの胸に違和感があるようです。
  3. 内視鏡的経鼻胆道ドレナージのため、話はしずらいようです。
  4. 痛さが増してきましたので、フェンタニル1.7ml/時間に変更しました。