胆管がん関係情報

スーパードクターズ TBS 胆道ガン 余命宣告を覆せ!

  • 2016.6.20

2016年6月20日 TBSのスーパードクターズで、「余命宣告を覆せ!胆道ガン・最後の砦 最難関手術に挑む!」が放映されました。
消化器外科医・椰野正人(なぎの まさと)先生/名古屋大学
5年生存率が胃ガンや大腸ガンなどに比べて極めて低く、2割程とされる「胆道ガン」。厄介なことに検診などでは見つかりづらく、発覚した際には進行しているケースが多いという。
その胆道ガンの中でも、最も難易度が高い「肝門部胆管がん」のスペシャリストが名古屋大学の梛野正人教授である。
梛野が率いる名古屋大学の「肝門部胆管ガン」の執刀数は、世界のトップクラス。そんな梛野のもとには、余命宣告を受け、手術を断られた患者たちが全国から次々とやってくる。京都からの80歳の女性患者には、どうしてもガンを克服したい理由があった。初孫に子どもができたのだ。元気な姿でひ孫に会いたい… その願いは叶うのか…

詳細はこちら

ピックアップ記事

  1. 抗生物質を朝10時、夜10時に投与することで熱は37度前後で落ち着いています。
  2. 血圧が上が70、下が50になり、本日より心電図モニターを設置することなりました。
  3. 身体の動きが不自由になってきましたので、介護タクシーを利用することにしました。
  4. 抗がん剤治療を止めてから、2週間ごとに定期検査を受けに行っています。