闘病記

抗がん剤治療開始 1回目

手術での治療は無理とのことで、化学治療を選択することになりました。

胆道癌で主流のジェムザール+ブリプラチンの抗がん剤を投与しました。

抗がん剤は点滴と違い、医師が厳重に手袋をして抗がん剤に触れないよう気をつけていたようです。

抗がん剤は改めて劇薬と感じます。

投与後は、特に体調がわるくなるようなことはありませんでした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 退院してから、体調は優れません。
  2. 話はできる状態ではなくなっていました。
  3. 突然の高熱による緊急入院2日目。
  4. 訪問看護を受けました。血圧、体温などの体調チェックを受けました。