闘病記

抗がん剤治療開始 1回目

手術での治療は無理とのことで、化学治療を選択することになりました。

胆道癌で主流のジェムザール+ブリプラチンの抗がん剤を投与しました。

抗がん剤は点滴と違い、医師が厳重に手袋をして抗がん剤に触れないよう気をつけていたようです。

抗がん剤は改めて劇薬と感じます。

投与後は、特に体調がわるくなるようなことはありませんでした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 独立行政法人国立がん研究センターが、アンメットメディカルニーズの高い胆道がん初の分子標的薬開発に向け...
  2. 血圧が上が70、下が50になり、本日より心電図モニターを設置することなりました。
  3. 介護認定の方が、早々に自宅に来てくれました。同時に、車椅子も搬入されました。
  4. 抗がん剤治療の為に味覚がおかしくなっているようです。調子もだるいようです。