闘病記

突然の高熱② 6/16(日)

突然の高熱による緊急入院2日目。

お昼頃に、突然の震えが起こり、熱が39度まで上がりましたが、電気毛布などで温めて

30分くらでおさまりました。

特に黄疸症状は出ていません。血液検査の結果も、黄疸症状が出る値でなく、原因は、胆道ドレナージの詰まりによる炎症だと考えられるとのことでした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 便秘に悩まされ続け、ラキソベロン内服液の量を徐々に増やしていました。
  2. 2014年1月8日に介護認定を調査を受け、本日、要介護4の決定通知を受けました。
  3. 訪問看護を受けました。血圧、体温などの体調チェックを受けました。
  4. 初めての内視鏡的ドレナージ処置をし、黄疸症状がなくなったので、今後、抗がん剤治療を続けるか主...