闘病記

突然の高熱② 6/16(日)

突然の高熱による緊急入院2日目。

お昼頃に、突然の震えが起こり、熱が39度まで上がりましたが、電気毛布などで温めて

30分くらでおさまりました。

特に黄疸症状は出ていません。血液検査の結果も、黄疸症状が出る値でなく、原因は、胆道ドレナージの詰まりによる炎症だと考えられるとのことでした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. オキシコンチ錠40mgを1日2回にしてから、傷止め薬(オキノーム散)が減ったものの吐き気が続いて...
  2. 厚生労働省は、「胆管がん問題を踏まえた化学物質管理のあり方に関する専門家検討会」の報告書を取りまとめ...
  3. 今回も、体力低下により車で送迎することになりました。
  4. 本日は、内視鏡的ドレナージ処置を行いました。