闘病記

内視鏡的ドレナージ処置 2回目 6/18(火)

本日は、内視鏡的ドレナージ処置を行いました。

処置直前に、器具が納品されていないトラブルがあり、どうなるかと思いましたが、

30分後に処置をできました。時間は15分くらい。

無事、メタリックステントを入れることができ、2か月くらいは黄疸症状はでないでしょうとのことでした。

処置後は、麻酔をしたといえども、腹部が多少痛いようです。

処置後、2時間は絶対安静でした。 2時間後血液検査をし、いつ食事ができるかチェックしました。

今日、1日は点滴です。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 身体の動きが不自由になってきましたので、介護タクシーを利用することにしました。
  2. 熱が38度を示し、原因を調べる為血液検査を行いました。
  3. 厚生労働省は、「胆管がん問題を踏まえた化学物質管理のあり方に関する専門家検討会」の報告書を取りまとめ...
  4. 手術での治療は無理とのことで、化学治療を選択することになりました。