闘病記

【資料】胆管がん問題を踏まえた化学物質管理のあり方に関する専門家検討会」の報告書

厚生労働省は、「胆管がん問題を踏まえた化学物質管理のあり方に関する専門家検討会」の報告書を取りまとめ,
下記ホームページに公表されています。

胆管がん問題を踏まえた化学物質管理のあり方に関する専門家検討会

胆管がん問題の概要

平成24年3月に大阪府内にある印刷事業場の労働者等から、化学物質の使用により胆管がんを発症したとして労災請求があったことに端を発して、印刷事業場の労働者が胆管がんを発症した事例が相次いで明らかとなった。
厚生労働省においては、当該事案を受けて、同年6月、洗浄作業が行われている全国の印刷事業場(561事業場)を対象として立ち入り調査を実施するとともに、同年7月には全国約18,000事業場を対象とする通信調査を実施した。また、同年9月から、医学専門家等で構成される検討会を開催して、胆管がんと業務との因果関係について検討した結果、その報告書が平成25年3月に取りまとめられ、大阪府の印刷事業場で発生した胆管がんについては、洗浄剤に含まれる1,2-ジクロロプロパンを長期間に渡り高濃度でばく露したことが原因で発症した蓋然性が高いとされた。この報告書を踏まえて、平成25年3月27日には16名の労災認定がなされ、その後、労災認定は適宜進められている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 通院の為に、介護タクシーを利用して病院に行きました。
  2. 身体が不自由になってきましたので、区の施設に介護ヘルパーの相談に行きました。
  3. 抗がん剤治療の為に味覚がおかしくなっているようです。調子もだるいようです。
  4. 便秘に悩まされ続け、ラキソベロン内服液の量を徐々に増やしていました。