闘病記

【資料】胆道がん(肝内胆管がん)の治療標的となる新たながん遺伝子を発見

独立行政法人国立がん研究センターが、アンメットメディカルニーズの高い胆道がん初の分子標的薬開発に向け始動したとホームページで紹介がありました。

胆道がん(肝内胆管がん)の治療標的となる新たながん遺伝子を発見、さらにその遺伝子の働きを阻害する薬剤も特定

<記事抜粋>
2013年11月21日
独立行政法人国立がん研究センター

独立行政法人国立がん研究センター(理事長:堀田知光、東京都中央区、略称:国がん)は、胆道がんに分類される肝内胆管がんの治療標的となる新たながん遺伝子を発見、さらに細胞株を用いた実験でその遺伝子の働きを阻害する薬剤も特定することに成功しました。本研究は、国立がん研究センター研究所(所長:中釜斉)がんゲノミクス研究分野 柴田龍弘 分野長による「第3次対がん総合戦略研究事業 国際協調に基づく日本人難治がんゲノムデータベースの構築(国際がんゲノムコンソーシアム研究)」の成果で、米科学誌「Hepatology」にて論文掲載予定で、電子版にて先行公開されました。

今後、胆道がんにおいては初となる特定のゲノム異常を狙った分子標的薬の開発に向け、国立がん研究センター中央病院、東病院をはじめ全国の多施設で胆道がん患者の情報を集め臨床研究を開始し、2014年早期の臨床試験を目指し準備を進めます。

難治希少がんの診断や治療に関する研究は、日本のがん医療を担う国立がん研究センターが取り組むべき重大課題の一つであり、最新の高速シークエンス技術を駆使し、当センター研究所のゲノム解析研究基盤や早期臨床開発拠点、バイオバンク、施設横断的な症例の集約などの相互連携により、さらに新しい治療標的の発見と効果的な治療薬の早期開発に取り組んで参ります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 通院の為に、介護タクシーを利用して病院に行きました。
  2. 手術での治療は無理とのことで、化学治療を選択することになりました。
  3. 今回も、体力低下により車で送迎することになりました。
  4. 身体の動きが不自由になってきましたので、介護タクシーを利用することにしました。