闘病記

通院:定期検査 11月 2回目 緊急入院

今回も、体力低下により車で送迎することになりました。

【現在の悩み】
痛さは以前より収まりましたが、最近は吐き気に悩まされています。体重も減少しており、
依然として食欲もありません。体温は36.5℃、まだ、寝たきりではなく、食事を作ったり、洗濯などの軽作業はできています。

【主治医と相談した結果】
血液検査の結果、ALPとγ―GTPに前回よりも大幅に増加し、炎症を起こしているため、炎症原因を探るためCT検査をし、入院することを勧められました。
炎症による高熱を防ぐために、CT検査をし、入院することになりました。胆汁の詰まりが予想されるので、内視鏡による処置をするため、しばらくは食事できず、点滴となりました。

【通院病院】
ALP:3353
γ―GTP:1016

【通院病院】
・都立病院(都道府県がん診療連携拠点病院)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 突然、急な痛みが発生し、一時、薬も飲めない状態でした。
  2. 点滴も取れ、退院することになりました。今回入院期間は、11/21-11/30の10日間でした。
  3. 【本日行った処置】○内視鏡的経鼻胆道ドレナージ長いチューブの先端を流れが悪い所の奥に留置し、もう...
  4. 独立行政法人国立がん研究センターが、アンメットメディカルニーズの高い胆道がん初の分子標的薬開発に向け...