闘病記

11月入院:2日目 内視鏡的胆道ドレナージよる胆汁排出 

【本日行った処置】
○内視鏡的経鼻胆道ドレナージ
長いチューブの先端を流れが悪い所の奥に留置し、もう一方の端は内視鏡を抜きながら口まで届くように留置します。そのままでは不便なので鼻に通しなおします。チューブを通して胆管の中を洗うことが出来るので、胆管炎を伴う時によく行われます。
参考ホームページはこちら

今回の処置は無事終えることができました。食事はできないので、点滴です。炎症が治まれば、内視鏡的ステント留置術を次週に行う予定です。

内視鏡的経鼻胆道ドレナージ

関連記事

ピックアップ記事

  1. お正月は家族そろって穏やかなお正月を向ける事ができました。
  2. 身体の動きが不自由になってきましたので、介護タクシーを利用することにしました。
  3. 便秘に悩まされ続け、ラキソベロン内服液の量を徐々に増やしていました。
  4. ドレナージの処置から3か月が過ぎようとしていますが、黄疸病状はなく、痛みも和らぎましたが、便秘に悩ま...