闘病記

11月入院:7日目 内視鏡的胆道ドレナージ処置

朝から内視鏡的胆道ドレナージ処置(金属)を行いました。
処置は30分くらいで、無事終わりました。
処置後は2時間は安静。
内視鏡的胆道ドレナージ処置により、鼻からのチューブは取れました。

処理後、痛みがあり、オキノームを服用。処置により痛みでなく、通常感じている傷みのようです。
黄疸が引けば、週末退院の予定。

病院にはクリスマスツリーが飾られています。

クリスマスツリー

関連記事

ピックアップ記事

  1. 足のむくみを緩和させるため、点滴の量を減らすとともに、点滴量 21ml/h→8ml/hに変更。
  2. 【現在の悩み】鎮痛剤を強めたため、眠気と便秘に悩まされています。
  3. 身体の動きが不自由になってきましたので、介護タクシーを利用することにしました。
  4. 内視鏡的ドレナージ処置翌日、大きな体調変化はないものの胸に違和感があるようです。