闘病記

【自宅療養】急な痛みに悩まされる

突然、急な痛みが発生し、一時、薬も飲めない状態でした。
主治医に電話し、様子を見て、痛みが続くようでしたら救急車を呼んで下さいとの事でした。
痛さから2時間くらいで、落ち着き、オキノームが飲めるようになり、服用しましたら
痛さも落ち着きましたので、引き続き自宅で休養することができそうです。
原因はわかりませんが、癌が進行しているのは確かです。
黄疸症状、腹水は出ていません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 話はできる状態ではなくなっていました。
  2. 母の容態も日々悪化しており、少しでも不安がないように家族で交代で今日から泊まることにしました。
  3. 退院後、初めての通院による抗がん剤投与をしました。投与の間隔は2週間おきです。
  4. 抗生物質を朝10時、夜10時に投与することで熱は37度前後で落ち着いています。