闘病記

【通院】介護タクシーを初めて利用

介護タクシー

身体の動きが不自由になってきましたので、介護タクシーを利用することにしました。
本人も寝たまま病院に行けるので、とても喜びました。通常の車と違い快適だったようです。

採血の結果、まだ入院するほど悪化しておらず、引き続き自宅で療養することになりました。
ただ、今月か来月には入院することになるだろうと告げられました。
 本人が悩んでいる、便秘や尿が出ずらいことは、あまり心配することはないと言われました。薬も痛み止めだけ処方され、それ以外はもう飲む必要がないとのことでした。

 問診後、点滴を2時間し帰宅しました。点滴後、尿が出て少しは安心したようです。

【処方された薬】
・フェントステープ 5mg ※1日一回貼り付け
・オキノーム散 10mg ※痛い時に随時

【採血データ】
こちらを参照

関連記事

ピックアップ記事

  1. 公共交通で行く体力がないので、今回も車で行きました。
  2. 足のむくみを緩和させるため、点滴の量を減らすとともに、点滴量 21ml/h→8ml/hに変更。
  3. 今回も、体力低下により車で送迎することになりました。
  4. お正月は家族そろって穏やかなお正月を向ける事ができました。