闘病記

【入院】耐えがたい痛み

通院の為に、介護タクシーを利用して病院に行きました。
本人の希望により、入院をすることを選択しました。
主治医も、本人も十分に頑張ったし、もう辛いと思うので、入院し、痛みを取る治療にしましょうと
いう話になりました。

早々に入院の手配をしてもらい、個室に入ることになりました。

今後は、痛み止めの薬を飲むことなく、点滴の中に痛みを緩和する薬を痛みが出た時に
注入することになりました。足もだいぶむくんでいます。

本人も、病院にいることで不安が解消されたようです。

そろそろ覚悟を決める時期が来たようです…。本人が一番辛い時期だと思います。

足のむくみ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 朝から内視鏡的胆道ドレナージ処置(金属)を行いました。処置は30分くらいで、無事終わりました。
  2. 独立行政法人国立がん研究センターが、アンメットメディカルニーズの高い胆道がん初の分子標的薬開発に向け...
  3. 内視鏡的ドレナージ処置翌日、大きな体調変化はないものの胸に違和感があるようです。
  4. 話はできる状態ではなくなっていました。