闘病記

【入院】炎症による熱

熱が38度を示し、原因を調べる為血液検査を行いました。
結果、熱の原因が、癌が大きくなり炎症が起きた為といわれました。
改善するには、内視鏡による胆道ドレナージ術をやることでしたが、体力も消耗することや、本人も希望(嫌だ)しなかったので、抗生物質により熱を緩和する治療を行うことになりました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 朝から内視鏡的胆道ドレナージ処置(金属)を行いました。処置は30分くらいで、無事終わりました。
  2. 便秘に悩まされ続け、ラキソベロン内服液の量を徐々に増やしていました。
  3. 抗がん剤治療を止めてから、2週間ごとに定期検査を受けに行っています。
  4. 退院してから、体調は優れません。