闘病記

【入院】炎症による熱

熱が38度を示し、原因を調べる為血液検査を行いました。
結果、熱の原因が、癌が大きくなり炎症が起きた為といわれました。
改善するには、内視鏡による胆道ドレナージ術をやることでしたが、体力も消耗することや、本人も希望(嫌だ)しなかったので、抗生物質により熱を緩和する治療を行うことになりました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 独立行政法人国立がん研究センターが、アンメットメディカルニーズの高い胆道がん初の分子標的薬開発に向け...
  2. 内視鏡的ドレナージ処置翌日、大きな体調変化はないものの胸に違和感があるようです。
  3. 訪問看護を受けました。血圧、体温などの体調チェックを受けました。
  4. 今日は平穏な日でした。明日の内視鏡的ドレナージを行うため、食べ物は食べれず、点滴のままです。