闘病記

【入院】炎症による熱

熱が38度を示し、原因を調べる為血液検査を行いました。
結果、熱の原因が、癌が大きくなり炎症が起きた為といわれました。
改善するには、内視鏡による胆道ドレナージ術をやることでしたが、体力も消耗することや、本人も希望(嫌だ)しなかったので、抗生物質により熱を緩和する治療を行うことになりました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 痛さが解消されないので、フェンタニル2.0ml/時間に変更しました。
  2. 今回も、体力低下により車で送迎することになりました。
  3. 厚生労働省は、「胆管がん問題を踏まえた化学物質管理のあり方に関する専門家検討会」の報告書を取りまとめ...
  4. 2/5から尿が出ていませんでしたが、今日、一週間ぶりに出ました。