闘病記

【入院】黄疸症状と痛み フェンタニル1.3ml/時間

抗生物質を朝10時、夜10時に投与することで熱は37度前後で落ち着いています。
しかし、黄疸が顔に徐々に出てきました。痛さも徐々に増し、点滴による痛み止め投与の量は
フェンタニルを1.3ml/時間になっています。

自力でトイレに行くことはできず、オムツをしています。尿は良く出ますが、便は滞っています。ほとんど固形物を食べていないので仕方がないかもしれません。4日に一回くらいで浣腸で便を出すようにしています。腸はゴロゴロ音がなっているので活発だと思われます。

握手20140123

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今日は平穏な日でした。明日の内視鏡的ドレナージを行うため、食べ物は食べれず、点滴のままです。
  2. 公共交通で行く体力がないので、今回も車で行きました。
  3. 地域の病院の検査結果より、さらに詳しい検査を受けることを勧められ都立病院(都道府県がん診療連携拠...
  4. 独立行政法人国立がん研究センターが、アンメットメディカルニーズの高い胆道がん初の分子標的薬開発に向け...