闘病記

【入院】黄疸症状と痛み フェンタニル1.3ml/時間

抗生物質を朝10時、夜10時に投与することで熱は37度前後で落ち着いています。
しかし、黄疸が顔に徐々に出てきました。痛さも徐々に増し、点滴による痛み止め投与の量は
フェンタニルを1.3ml/時間になっています。

自力でトイレに行くことはできず、オムツをしています。尿は良く出ますが、便は滞っています。ほとんど固形物を食べていないので仕方がないかもしれません。4日に一回くらいで浣腸で便を出すようにしています。腸はゴロゴロ音がなっているので活発だと思われます。

握手20140123

関連記事

ピックアップ記事

  1. 朝から内視鏡的胆道ドレナージ処置(金属)を行いました。処置は30分くらいで、無事終わりました。
  2. 通院の為に、介護タクシーを利用して病院に行きました。
  3. 熱が38度を示し、原因を調べる為血液検査を行いました。
  4. 退院後、初めての通院による抗がん剤投与をしました。投与の間隔は2週間おきです。