闘病記

旅立ち ありがとう

P1030957_R

2014年2月13日(木) 朝9:30頃 母は旅立ちました。

旅立つ30分前、今まで閉じていた目がはっきり開き、何かをしゃべろうとしていましたが

声にならなかったです。唯一聞こえたのが、「あ…」

おそらく、ありがとう!と言いたかったのだろうと思います。

闘病生活10か月、母はよく頑張りました。昨夜から泊まり込みをしていたので、母の最期を看取ることができました。

※落ち着きましたら、まだ載せていないデータ等を整理し掲載させていただきます。

胆管がんで闘病生活をしている、ご家族の方に少しでもこの情報がお役になれば幸いです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今日は平穏な日でした。明日の内視鏡的ドレナージを行うため、食べ物は食べれず、点滴のままです。
  2. 退院後、初めての通院による抗がん剤投与をしました。投与の間隔は2週間おきです。
  3. 厚生労働省は、「胆管がん問題を踏まえた化学物質管理のあり方に関する専門家検討会」の報告書を取りまとめ...
  4. 話はできる状態ではなくなっていました。