胆管がん関係情報

『24時間テレビ』山中教授とラグビー平尾誠二の友情と絆 人生を変えた親友の言葉

  • 2018.8.29

2018年8月26日 日本テレビ系放送の24時間テレビの中で『山中教授とラグビー平尾誠二の友情と絆 人生を変えた親友の言葉』(後3:30頃)が放送されます。

2012年iPS細胞の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が“人生を変えてくれた人”だという“ミスターラグビー”平尾誠二さん。二人は唯一無二の親友だった。2015年9月、平尾さんに胆管がんが見つかり、告げられた余命は3か月…山中教授は、平尾さんを救うべく奔走する。

ピックアップ記事

  1. 退院してから、体調は優れません。
  2. 介護認定の方が、早々に自宅に来てくれました。同時に、車椅子も搬入されました。
  3. 退院して一週間が経ちました。
  4. 足のむくみを緩和させるため、点滴の量を減らすとともに、点滴量 21ml/h→8ml/hに変更。