胆管がん関係情報

ハイパーサーミア(温熱治療)

  • 2018.9.8


がん温熱療法(ハイパーサーミア)は、電磁波を利用してがん細胞だけを選択的に加熱し破壊する治療法で、従来の治療法と併用することでそれぞれの治療効果を高めるとして最近注目されており、集約的治療において重要な役割を果たすと期待されます。がん細胞は人工的に熱を加えた場合、42.5℃(~43℃)を超えると急激に死滅するようになります。がん細胞が正常細胞に比べて熱に弱いという性質を利用し、がん細胞だけを選択的に攻撃しようというのが、ハイパーサーミアの考え方です。

<参考ホームページ> 日本ハイパーサーミア学会
山本ビニター

ピックアップ記事

  1. 厚生労働省は、「胆管がん問題を踏まえた化学物質管理のあり方に関する専門家検討会」の報告書を取りまとめ...
  2. 本日は、内視鏡的ドレナージ処置を行いました。
  3. 通院の為に、介護タクシーを利用して病院に行きました。
  4. 退院して一週間が経ちました。