胆管がん関係情報

目詰まりしにくい胆管ステント開発

  • 2018.8.5

リソテックジャパン株式会社が目詰まりしにくい胆管ステントの開発を進めている。胆管ステントは、胆管がんや胆道閉鎖症による胆道狭窄を防ぐための処置に使われる。胆管ステントの径を太くするなども検討はされてきたものの、解決には至っていない。これに対し、同社は、胆管ステントの内壁に油汚れを防ぐカタツムリの殻の表面構造を応用することに着目した。現在、実用化に向けた金型製作やステント製造方法の研究ステージに入った。

詳細はこちら

出典:JBpress

ピックアップ記事

  1. 2015.3.29

    一周忌法要
    [caption id="attachment_333" align="aligncenter" w...
  2. 身体の動きが不自由になってきましたので、介護タクシーを利用することにしました。
  3. 【現在の悩み】鎮痛剤を強めたため、眠気と便秘に悩まされています。
  4. 朝から内視鏡的胆道ドレナージ処置(金属)を行いました。処置は30分くらいで、無事終わりました。