胆管がん関係情報

目詰まりしにくい胆管ステント開発

  • 2018.8.5

リソテックジャパン株式会社が目詰まりしにくい胆管ステントの開発を進めている。胆管ステントは、胆管がんや胆道閉鎖症による胆道狭窄を防ぐための処置に使われる。胆管ステントの径を太くするなども検討はされてきたものの、解決には至っていない。これに対し、同社は、胆管ステントの内壁に油汚れを防ぐカタツムリの殻の表面構造を応用することに着目した。現在、実用化に向けた金型製作やステント製造方法の研究ステージに入った。

詳細はこちら

出典:JBpress

ピックアップ記事

  1. ドレナージの処置から3か月が過ぎようとしていますが、黄疸病状はなく、痛みも和らぎましたが、便秘に悩ま...
  2. 厚生労働省は、「胆管がん問題を踏まえた化学物質管理のあり方に関する専門家検討会」の報告書を取りまとめ...
  3. 【現在の悩み】鎮痛剤を強めたため、眠気と便秘に悩まされています。
  4. 点滴も取れ、退院することになりました。今回入院期間は、11/21-11/30の10日間でした。