胆管がん関係情報

目詰まりしにくい胆管ステント開発

  • 2018.8.5

リソテックジャパン株式会社が目詰まりしにくい胆管ステントの開発を進めている。胆管ステントは、胆管がんや胆道閉鎖症による胆道狭窄を防ぐための処置に使われる。胆管ステントの径を太くするなども検討はされてきたものの、解決には至っていない。これに対し、同社は、胆管ステントの内壁に油汚れを防ぐカタツムリの殻の表面構造を応用することに着目した。現在、実用化に向けた金型製作やステント製造方法の研究ステージに入った。

詳細はこちら

出典:JBpress

ピックアップ記事

  1. 退院してから、体調は優れません。
  2. 血圧が上が70、下が50になり、本日より心電図モニターを設置することなりました。
  3. 今回も、体力低下により車で送迎することになりました。
  4. オキシコンチ錠40mgを1日2回にしてから、傷止め薬(オキノーム散)が減ったものの吐き気が続いて...