胆管がん関係情報

【胆道がん】分子標的薬の開発が活発化

  • 2020.2.15

早期発見が難しく、5年生存率も20%程度と治療も難しい胆道がん。薬物療法は化学療法だけですが、ゲノム異常の解明が進み、分子標的薬の開発が活発化しています。エーザイや大鵬薬品工業がFGFR阻害薬を開発中で、「イミフィンジ」「オプジーボ」といった免疫療法薬の開発も進んでいます。

詳細はこちら!

ピックアップ記事

  1. (編集)がん研究会有明病院 / 国立がん研究センター中央病院 / 国立がん研究センター東病院発...
  2. 公共交通で行く体力がないので、今回も車で行きました。
  3. 突然、急な痛みが発生し、一時、薬も飲めない状態でした。
  4. 【現在の悩み】鎮痛剤を強めたため、眠気と便秘に悩まされています。